ショーGEKIとは

写真:寺井政智 伊東和則 池田永一



『バカかっこいい!』 をコンセプトに、1999年、『チャンピオン』(於:全労済ホール・スペースゼロ)を旗揚げ公演として活動開始。
主宰:羽広克成<脚本/演出担当>と、おのまさしらを中心に、1999年に劇団「ショーGEKI」を設立し活動を始めた。

劇場という生の空間をフルに使い、立体的で生命力溢れる作品創りを第一の目的に、常に観客と一体化する作品を目指して、年間数回公演を行う。

公演の形式によって以下の3つのチーム名を使い分けている。

平均出演者数50名の大掛かりな舞台。→ 「ショーGEKI大魔王」公演の動画はこちら

歌・殺陣・ダンス・日舞、とにかくおもしろいと思ったものは何でも入れる。
大人数のアンサンブルの面白さを徹底的に追求する。

ショーGEKIメンバー全員の他、毎回オーディションで出演者を募集。
2013年秋は、新作「サンゴクシ」を新宿:全労済ホール/スペース・ゼロで上演予定。

劇団内の俳優8人で結成されたスーパーお笑いパフォーマンスグループ。→ メンズの動画はこちら
コンセプトは「あきれるほどのバカさとしびれるほどのかっこよさ」
2004年1月にデビュー。ストレートプレイの公演と、コントライヴ公演を行う。
毎夏下北沢で行うコントライヴシリーズ 『ダンパチ』 は、劇場動員数最多を更新し続けている。

作品は「飛び散る汗が 沸き起こる笑いに比例する」というもので、とにかく熱い笑いのものばかり。舞台のみならず、学園祭やクラブなどにもそのテリトリーを広げ、大阪ツアーも敢行!
メンバーは現在、鈴木とーる/おのまさし/七枝実/佐藤修二/宮脇健/の5人。2014年夏、新生ダンパチとしてリニューアルデビューライヴ決定!

ショーGEKIメンバーだけでの公演。
下北・新宿の小劇場を中心に、その空間をダイナミックに使い、毎回役者がほぼ出ずっぱりで熱い芝居をみせる。

主宰

羽広克成 <脚本/演出>

 

劇団「ショーGEKI」主宰。そのすべての作品の作・演出を務める。
演出家(フリー)として、舞台・ショー・テレビを分野に活動。

ワタナベエンターテイメントカレッジ講師

 

福岡県福岡市出身
日本大学芸術学部演劇科卒業
作品はコメディ・ファンタジーを中心に、そのオリジナル作品は数十本に及ぶ。小劇場から中劇場まで、 劇場空間を立体的に使い、常に観客と一体化するような作品をめざす

「オープニングで一気に日常世界から非日常の世界へ」・・劇場にイントレを張り巡らせたり、2つの舞台を創り橋でつなぐなど、毎回舞台ならではの空間にこだわった新鮮な発想で毎年新作を発表し続け、年数本の公演を行うなど精力的に活動している。

 

【主な作品群】

◆ショーGEKI大魔王シリーズ◆
大人数(過去最高140人キャスト)の派手でパワフルな作品。 ダンス/殺陣/日舞/歌も融合させたエンターテイメント性の強い作品。

『新撰組/維新士』(本多劇場/新宿全労済ホールスペースゼロ)『チャンピオン1.2』(スペースゼロ) 『大逃亡〜義経と弁慶〜』(スペースゼロ)、ロックミュージカル『マリオネット』 他

◆ショーGEKIワールドシリーズ◆
小劇場の空間をダイナミックに使った作品。

『壁を叩け歌を叫べ』『ザンダルド』『ドコニ DOKONI・私の元気』(シアターモリエール) 他

◆女優陣を中心としたせつなく大人なストレートプレイ◆
現代に生きる“イタい”女心をファンタジックな コメディへと昇華させた「アングラエンターテイメント」?!。

『もう泣くもんかと誓った私の瞳は涙の虜』『大嫌いと叫んだらもっと嫌いになったあの女』『 Sin〜檻と鎖と私の罪〜』『愛してると誓うだけじゃ幸福にはなれない』(下北沢「劇」小劇場) 他

◆お笑いスーパーパフォーマンス『ダンパチ』シリーズ◆ 

ネタ出し・構成。『ダンパチ』シリーズ 他、男達だけの熱いコメディなど。

  

役者

鈴木とーる おのまさし 吉川亜州香 竹内美保 佐藤修二 廣田朱美 七枝実 菅原泉 小林こずえ 山本諭 宮脇健 きくまる 和久井友哉 二ノ宮理沙 岡本崇 丹羽亜友美
三浦利恵(休団中)

 

制作

吉野絵理