る~るる るるる
まさしの部屋

る~るる るるる
まさしの部屋

皆様にご報告があります。
わたくし、おのまさしは、1999年の旗揚げ以来19年間所属してきた劇団「ショーGEKI」を、今年いっぱいで退団することとなりました。
退団の理由は、はなはだワガママではありますが、「自分のやりたいことだけをやりたくなった」からであります。もともとわたくしは、ショーGEKIの芝居以外にやりたいことができたら、「おのまさしあたあ」という個人企画で行なってきたのですが、年々フットワークが重くなり、準備に充分な時間がかけられなくなってきたのと、よそからとても魅力的なオファーをいただくことがあっても、劇団に籍を置く以上はどうしてもそちらを優先させなければならず、ザンネンな思いをしたことが一度ならずありました。
約20年、ショーGEKIに籍を置き、自分なりに劇団に貢献してきたつもりではあります。もちろん、劇団から受けた恩恵は同じくらい(いやそれ以上かも)ありますが、初老と言われるこのトシになって、役者として「もうひと攻め」したくなったのです。ワガママとは重々承知してはいますが、ショーGEKIのみんなに最年長役者のワガママを聞いてもらいました。ありがとうみんな、ゴメンな。
おのまさしあたあ、今後は「ワンマンロードショー」と銘打ちまして、年二本ずつくらいの一人芝居を打っていく予定です。第一弾は2018年4月29日と30日に江戸川橋の「絵空箱」にて「十二人の怒れる男」、その後は9月上旬にも一本やる予定です。そして、ショーGEKIにつきましては、「ダンパチ」を楽しみにしているお客様たちに退団予告をしておりませんでしたので、2018年夏の「ダンパチ16」を引退公演とさせていただきます。ショーGEKIとはそれで縁切り……とはならないでしょう。その後も稽古場をのぞきに行ったり、行けば行ったであれこれ言いたいことも言うでしょう。ただ、「ショーGEKIの公演には必ずおのまさしが出ている」というのは今年限りになるということです。
今まで、ショーGEKIの一員としてのおのまさしを応援してくださった皆様、誠にありがとうこざいました。今後、おのまさしは「もうひと攻め」してまいります。今までと変わらぬ温かい目でご覧くださいますよう、どうぞ宜しくお願い申し上げます。そして、わたくしのいなくなります劇団ショーGEKIを、今まで以上にお引き立てくださいますよう、重ねて宜しくお願い申し上げます。
 
 
 
 平成29年10月13日    おのまさし