<映画>「ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!」

2枚のアルバムを発表しトップアイドルになったビートルズを主役に作られた、言わば「アイドル映画」なのだけど、若きリチャード・レスター監督の才気と、それこそもうキラキラ輝いていたビートルズの魅力があいまって、素晴らしい作品に仕上がった。

殺到するファンを振り切って四人が駅構内を駆け回るオープニング(タイトル曲)に始まり、列車の中でのトランプ(「恋する二人」)、スタジオでの即興演奏(「すてきなダンス」)などなど、ミュージックシーンはどれも最高。
ぼくは昔、これのディスク(今はなきVHD!)を買ったのだけど、字幕がとにかくヒドかったなあ。「ブラックデビル」なんて、その頃の「ひょうきん族」見てなきゃわかんないだろうに。

次は「あ」で始まる映画です。あ、二回目だな。