<映画>「ロッカーズ」

レゲエ界屈指のドラマー:リロイ・ホースマウス・ウォレスを主役に、当時人気だったレゲエ・ミュージシャンたちが一堂に会した一大レゲエ・ムービー。実はこの映画観たのはワリと最近で、ショーGEKIでヘアメイクやっていただいてる水谷さんにビデオ貸してもらったのだった。水谷さんありがとう。

レコード屋を始めるためバイクを買ったホースマウスが、窃盗団にバイクを盗まれる。怒ったホースマウスは仲間たちとともにバイクを取り戻しに行く……という単純な話なのだが、当時(撮影は1977年)のジャマイカの空気が伝わってきて実に興味深い。
音楽もサイコー。中でも思わず聞き入ってしまうのは、バーニング・スピアがアカペラで歌う「ジャー・ノー・デッド(神は死なない)」。しかし、レゲエ・ミュージシャンって、みんなあんなにビンボーだったのかな。

次は「ず」または「す」で始まる映画です。お、ちょっとユルくなったぞ。