<映画>「グリース」

当時28歳のジョン・トラボルタと30歳のオリビア・ニュートン・ジョンが高校生役をやったことで話題になったミュージカル映画。公開当時ぼくは中2で、親父と観に行った。

「想い出のサマー・ナイツ」というナンバーは、ぼくにミュージカルというもののタノシさを初めて教えてくれた、まさに想い出の曲。これがぼくのミュージカル原体験だな。
観終わって、サントラ買いにレコード屋に走ったのも、この時が最初。

次は「す」で始まる映画です。