<映画>「快盗ルビイ」

原作はアメリカのクライム・コメディだが、和田誠監督は舞台を日本に置き換え、主人公ルビイを女の子(小泉今日子)にしたことで、お洒落なクライム・ラブ・コメディとなった。もっとも「クライム」と言ったって大した犯罪は起こらないんだけど。

この映画が好きだ、という人が周りに見当たらないのでさびしい限りである。イイと思うんだけどなあ。
特にぼくが好きなのは、キョンキョンと真田広之が突然「あなたとフォーエヴァー」を歌い出すミュージカルシーン。この歌が好きで、自分のライブでも妻に歌ってもらったほどである。

次は「い」で始まる映画です。え、また「い」か。