<映画>「パンダ コパンダ」

宮崎駿(脚本)・高畑勲(監督)コンビによる、東映動画退社後初の劇場用アニメ。子供の頃、映画館で観た時は「怪獣大奮戦 ダイゴロウ対ゴリアス」との二本立てだったと思う。どっちもタノシかった。

あくまで監督は高畑勲なんだけど、この作品は宮崎アニメの原点というべきもの。パパンダ(父パンダ)の造形は明らかにトトロの原点だし、主人公ミミ子のキャラクターはコナンに通じる。また、続編「雨ふりサーカス」の汽車のシーンはTV版「ルパン三世」にそっくりそのまま出てきた。舞台は一応日本なんだけど、妙に無国籍風に見えるのも宮崎アニメ的。

まあ、細かいことはどうでもいいか。「なぜパンダがしゃべれるのだ」などと気にせず、虚心坦懐にタノシミたい作品。

次は「だ」で始まる映画です。