<映画>「ジョーズ」

スティーブン・スピルバーグの名を初めて知ったのは小学校5年の時、TVで「激突!」を観てであった。これも結構コワかったが、そのすぐ後にロードショーでこの「ジョーズ」を観た時はコワかったなあ。そして興奮したなあ。

主役の警察署長役にはスティーブ・マックイーンも候補に挙がってたそうだけど、ロイ・シャイダーで正解だったと思う。マックイーンだとなんか初めから死にそうじゃないもんね。
これに絡むはまだ20代のリチャード・ドレイファス。イイ芝居してる。そしてなんと言っても船長役のロバート・ショー。もう、ひと目ボレしてしまった(小5なのに)。この見事な男たちと、(ホントの主役である)人食い鮫とが1時間にわたって壮絶な戦いを繰り広げるわけだから、そりゃオモシロくないワケがない。若きスピルバーグがその演出力を世界に知らしめた一本。この頃は「ヒッチコックの後継者」とか言われてたんだよなあ。

よく考えると、最初からダイナマイトとか使ってれば、そんなに苦労せず退治できたのでは?と思わないでもないけど、それは言うだけヤボというものだろうか?

次は「ず」または「す」で始まる映画です。