<映画>「ラブ・アクチュアリー」

ここ10年くらいに観たラブ・コメディの中で最高に好きな映画。

さまざまなカップルの恋模様がほぼ同時進行で描かれるのだが、もう、どのカップルも応援したくなる。
秘書に恋する英国首相のヒュー・グラント、言葉の通じない異国人の家政婦に恋するコリン・ファース、血のつながらない息子の恋を応援するリーアム・ニーソン、不倫願望のアラン・リックマン、みんなイイなあ。久々にイギリス映画のパワーをカンジた。

キーラ・ナイトレイはじめ女優陣もみんな素敵だけど、ぼくはヒュー・グラントの秘書役、太目のマルティン・マカッチョンが特によかった。別に太目が好きだというワケじゃないんだけど。
こういうラブ・コメディもやってみたいなあ。

次は「り」で始まる映画です。