<映画>「引き裂かれたカーテン」

ヒッチコック映画のほとんどをビデオでしか見てないぼくだが、前に書いた「知りすぎていた男」とこの「引き裂かれたカーテン」だけは映画館で観た(二本立てだったのだ)。

この映画は、ヒッチコック作品の中にあってはそんなに人気のある方ではないし、ポール・ニューマンもジュリーアンドリュースもベスト・アクトとはいえないのだけど、全然悪くないと思うんだけどなあ。バスのシーンなんか結構ハラハラしたし。

ヒッチとニューマンの相性はあんまりよくなかったみたいだ。メソード演技もやっぱよしあしなのかなあ。

次は「てん」で始まる映画です。