<映画>「メーン・イベント」

大人向けラブ・コメディの快作。
「チャンプ」の出演を逃したライアン・オニールが姉貴分のバーブラ・ストライサンドに泣きついたことで、この企画が生まれたとのこと。

会社を奪われた女社長(バーブラ)の手元に残ったただ一つの債権が、ロートルになりかかったボクサー(ライアン)との契約だった。ボクシングから足を洗って自動車教習所を始めたライアンを、バーブラはもう一度リングに引っ張り出す。はじめはまったく気が合わず衝突ばかりだった二人だが、ライアンが昔の強さを取り戻して勝ち進んでいくにつれ、次第に仲よくなっていき……というストーリー。

シナリオがよくて、演出のテンポがよくて、キャストがみんなよい、というコメディのお手本のような映画。バーブラは歌手として一流だし、コメディエンヌとしても実にイイし、こんな人そうそういないよなあ。

次は「と」で始まる映画です。