<映画>「白夜

とにかくもう、美術品のように美しい映画。
橋を中心とした町のセットが美しく、マストロヤンニ、マリア・シェルの二人が美しく、ちょっとトシくっちゃったけどジャン・マレエもまだ美しく、ラストの雪景色が美しい。何より美しいのは、この物語で描かれる恋が、完全な片想いで終わること。恋は成就しないものほど美しいのだなあ。

マストロヤンニには涙がよく似合う。涙を流させたら世界一の男優だと思う。この頃のマストロヤンニとドロンは世界最強だったなあ。またこの二人をどちらも起用しているのはヴィスコンティただ一人なのでは。男を見る目があったのは、さすがにゲイと言うべきか。

ぼくはこの原作が好きで、1998年には二人芝居にして上演したほど。ヴィスコンティもブレッソンもとりあげた作品だけに、自分でやるとなるとそりゃ緊張しました。まあ、誰も比べやしないだろうけどね。

これで90本目か。次は「や」で始まる映画です。