<映画>「千と千尋の神隠し

「トトロ」を別格とすれば、ジブリ作品では一番好きな映画。
この映画を好きな理由と「ふしぎの国のアリス」を好きな理由は同じであって、要は「何か意味ありげなんだけど、実はまったくの不条理」だからである。「紅 の豚」「もののけ姫」で、宮崎監督はもう行くとこなくなっちゃったかと思ったけど、チャンと「不条理劇」という活路を見いだしたのだ。

湯屋の創造はまったく見事。こういう発想は宮崎監督ならではだろう。
異世界への旅、変身、そして淡い恋……イイなあ、俺の好きな要素がいっぱいだもんなあ。

次は「し」で始まる映画です。