1984年 「地蔵教由来」
 作:久米正雄 5月31日〜6月2日  於:日本大学芸術学部中講堂

ぼくのいってた日大芸術学部というところには、舞台総合研究(以下「総研」)という実習があって、これは大学2年の時にその総研でやった最初の舞台。

村のワルどもが、村にやってきた放浪者を生き神様に仕立て上げ、村人をダマして金もうけを企む、という話。

ぼくの役は軍人姿の薬売り。手風琴を弾きながら(と言っても鳴らしてただけだったけど)歌い歩くのだが、この歌は黒澤明監督の「まあだだよ」でも使われた。ちなみに舞台に出ていたのは1〜2分、セリフは一つだけでありました。