1999年 「チャンピオン」
 作・演出:羽広克成
 ショーGEKI大魔王  6月30日〜7月4日  於:新宿スペース・ゼロ

ショーGEKI、記念すべき旗揚げ公演。ちなみにこの時はまだショーGEKIという呼称はなく、あくまでも「ショーGEKI大魔王」であった。命名者は吉田テツタと羽広で、俺が「カナ横文字漢字まじりの表記にしよう」と言って決まった。

「あっち向いてホイ」が大人気のスポーツとなっている世界(パラレルワールドというところか)で、かつて天才と呼ばれた男・ケンが再び世界の頂点を目指すという、熱血スポ根ドラマを思い切りバカバカしくアレンジした一本。のちにショーGEKIのポリシーとなった「バカカッコいい芝居」はここから始まった。なお、金ちゃんこと金田誠一郎さんはこの公演が初参加。

俺の役は花形キャスター:サイトー。リーゼントヘアーにルパン三世のような赤ジャケットで、しょっちゅうウイスキーをラッパ飲みしてるという、かなり傍若無人な男にした。全編にわたって結構しゃべりまくるんだけど、お客の目は当然ながらトーナメント出場者の方に向くのであった。コストパフォーマンスの低さは相変わらずなのであった。