1999年 「赤い部屋」
 原作:江戸川乱歩
 おのまさしあたあ  9月3日〜4日  於:下北沢SamaSama

夢楽座(現:春風堂)の藤森一朗さんが下北沢でSamaSamaというライブバーを始めた。その空間が気に入って「赤い部屋」の再演をやらせてもらうことにした。この頃、嶋田ひろしは「歳三」、吉田テツタは「テッピン」という一人舞台でお客を集めていたので、「最初にやったのは俺だぞ」と言ってみたい気持ちがあったのだろうな。
話しながら店内を歩き回ることにしたのと、銃をお客さんにではなく店員役の荒井眞里に撃たせることにした以外は、演出の違いはなし。初演の時も思ったのだけど、生演奏の竹下亮もいるわ店員役もいるわで、これは一人芝居とは呼べないのでは。