2003年 「ビート・シガレッツ」
 ヰタ・マキニカリス 5月15日〜25日 作:鴨下裕之 演出:菅野臣太朗 於:劇場MOMO

「梟」で共演した本郷小次郎に誘われ、一回限りのゲスト出演。

同級生の女の子の結婚式の後で男ばかりが飲みながら話す。と、中に一人、その女の子を好きだった男がいて……とか、たしかそんな話だったと思うが。

ぼくの役は、かつてその部屋で自殺した男の地縛霊。男たちの中に一人だけ、その霊が見えるヤツがいて、クライマックスで男たちが紛糾した時に、その男の体と口を借りて揉めごとを丸く収める。いうなればデウス・エクス・マキナというべき存在(じっさいそんな風に書いてあったアンケートもあった)。元はヤンキーという設定で(でもカッコは幽霊の白装束なんだけど)、初めてのヤンキー口調であったが、評判はまあよかった。

ヰタ・マキは2010年8月現在活動停止状態。イイ劇団だったんだけどな。もう一回この芝居やらないかな。